• 携帯ストラップの誕生

    携帯ストラップが商品になった理由と現状

    携帯電話が広まった影響で、携帯電話につける携帯ストラップが商品として有名になりました。 携帯ストラップ、携帯電話の紛失の危険性を下げるためでしたがお洒落なものもあり、 若い女性であればお洒落なストラップを何個も携帯電話につけていると思います。 更に10本以上つけている人もいて、もちあげたら携帯ストラップの方がおもたいでしょう。 見た感じお洒落ではありますが、そこまで携帯ストラップを1つの携帯電話につけたら少し扱いづらいでしょう。 こういった使用方法をしたら、携帯の吊り紐といった意味で携帯ストラップの役割はあまり意味を成さずに、 純粋にアクセサリーとしたイメージを持ちます。

    携帯ストラップは始めは携帯電話を首からさげたり、紛失を避けるための道具として商品化されたのに、 現在は携帯電話につけるアクセサリーの一種と化しています。携帯ストラップが誕生したのはこういった背景が 関係しているのでしょう。

    ニュアンス的に生み出された携帯ストラップで、お洒落なもの、ブランド物、限定物、 キャラクターといったように豊富な商品があります。自分で作成する人もいるのではないでしょうか。 ニュアンスはどうでも、携帯ストラップは携帯電話が広まったのと同時に、現在も携帯と一緒に進化しています。 1番需要が引くそうで、需要が高かったもの、現在も進化しながら需要があがるもの。それが携帯ストラップです。これからもどんどん進化を続けていくであろう 携帯ストラップの将来が非常に楽しみですよね。

メインコンテンツ

携帯ストラップは日本が生み出した産物



全国に携帯電話は存在しますが、携帯ストラップを使用している国は日本のみかもしれません。 日本は様々な店で携帯ストラップの購入が可能です。店の宣伝用で販売する場所もあります。 日本の携帯電話ではストラップをつける穴がありますが、外国の携帯電話はない気がしませんか。


そういった事を思えば日本は不思議ですね。海外は携帯電話に携帯ストラップをつける際に使用する 金具が別売りですが、それを購入し付けている人はそこまでいないのではないでしょうか。 そういった日本で基本となっている携帯ストラップなのですが、安値から高値まで様々なものがあります。


平均の値は1つ1000円ほどでしょう。更に日本であれば各ブランドで携帯ストラップを作成しています。 コーチ、GUCCIでも日本にあてた商品があります。ブランド品であれば1万円を超えているものもあるので そういった面で考えるでしょう。土産、恋人へのプレゼントとし、買う人が増えてきました。


悪影響かいいのかは明確じゃないですが、幸せな国と思えますね。少し考えたら 携帯ストラップに1万円も?と 思うでしょう。携帯ストラップは日本で誕生したのか歯分かりませんが、日本を中 心に、 更に若い女性を中心に人気が高まっています。女性に人気ということは、これからも流行る、という証拠にもなります。 更にこれからも様々な携帯ストラップ商品化されるでしょう。スマホの進化がなくならない限りストラップは不滅でしょう。

携帯ストラップは日本が生み出した産物