• 昔の携帯ストラップへの認識と今の認識

    あなたは携帯ストラップと聞いてどのようなイメージしますか。なくさないため、絶対必要、 無くても大丈夫、いらない物といったイメージがあると思います。 現在は1人1台、携帯電話を使用しているでしょう。 なので、携帯ストラップが大切なアイテムになっていると感じています。

    元々携帯ストラップは手首や首にかけ、携帯電話をつなぎ、紛失防止の危険性を下げていたといった認識で 作成されていたと聞きます。 ですが、現在はアクセサリーというかお洒落で使用するといったイメージに変わりました。

    元々は携帯電話に1つのみ携帯ストラップがあれば目的はいいのですが、10本ほどの量を 携帯ストラップをつけたり、携帯電話より重量があるのではないかと感じさせる携帯ストラップをつけた人もいるのです。 携帯ストラップの存在が今は変化しています。ですが、欧米では携帯電話に携帯ストラップを 付けるといったことはそこまで必要性がないようで、使用していない人が多くいます。

    日本で、何が引き金になったのか、言われているのは、前、財布や印籠に根付けを していた事が理由だと言われていますが、 そういったものが形を変えて今の日本にあるのではないか と言われています。 古くからの名残となっている携帯ストラップ。日本だけの認識であります。理由を聞 けば納得です。ちょっとしたマメ知識で自慢になるので知っていて損はないですよ。

メインコンテンツ

携帯ストラップが普及した理由


現在は沢山の人が当然の様に購入する携帯ストラップですが、日本で広まる原因となったのは PL法(1995年施工)であるかもしれません。この際、携帯電話を売っていた会社は取扱説明書の中に、 携帯電話の紛失防止のためにストラップをつけ、手を通し使用しましょうといった記載がありました。 更に購入せずとも携帯ストラップが携帯電話の付属品としてセットになっていました。


これが当初携帯ストラップが広まる影響となった事だと言われています。 これから携帯ストラップの存在が変化していって、知っている人もたくさんいると思いますが、 2000年前後では女子高生を中心で若い女性たちは、たくさんの携帯ストラップをつけることが、 とても流行り、携帯電話というより携帯ストラップをもったと言ったほうがいいようなものでした。


こういったことになれば元々の紛失の危険性を避けるなどといった目的はきえてしまい、 アクセサリーとして需要があがっていきました。 今では手を通す輪としたものが紐でなく、紐やマスコットのみのストラップも販売されています。


見た目異常に可愛いので、持っている携帯電話をストラップでデコレーション したいといった思いで、 アクセサリー感覚で広まった事が影響でしょう。現在は様々な店舗で お財布にやさしい商品が豊富で、 その日の服などに合わせつけかれるのです。ひろまった原因は異な ってきましたが、 携帯電話に携帯ストラップという根本の組み合わせは、これから変化することはな いでしょう。ただこれから様々な形やデザイン、と今では考えられないような変化を遂げていくでしょうね。


携帯ストラップが普及した理由